記事詳細

【ベストセラー健康法】苦しい日々、乗り越えるため耳を鍛えよう! 『ひらめく直感力をぐんぐん鍛える 耳トレ!ドリル』 (1/3ページ)

 暗いニュースばかりが溢れる毎日。情報の渦に飲み込まれ、頭が疲れ果てている人もいるかもしれない。そんな人におすすめのリフレッシュ法がある。

 

 今回紹介するのは『ひらめく直感力をぐんぐん鍛える 耳トレ!ドリル』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)。著者で工学博士の小松正史氏は、音楽だけではない「音」に注目。それを教育や学問、デザインに活かす活動の他、聴覚や身体感覚を研ぎ澄ませる独自のトレーニングを提案している。

 「耳トレ!」とは、音を聞きながら耳を鍛えるトレーニング。人間は耳で音を聞いているものの、耳は音の窓口にすぎず、音を知覚しているのは脳だ。ふだん、私たちは必要のない音を無意識のうちにシャットアウトしているという。過剰な刺激が入ると、脳が混乱するからだ。

 しかし、脳への刺激が減ると、音を感じる機能も低下してしまうという。この状態を著者は「耳がゆがんでいる状態」と表現。この耳のゆがみを整えるトレーニングが「耳トレ!」というわけだ。トレーニングによって耳を鍛えることで脳を活性化し、感性を刺激する。アイデアがひらめきやすくなる他、適切な情報を確実に選択できるような状態にすることができるという。

関連ニュース