記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】良質なタンパク質で免疫力UP! セブン-イレブン「ごま豆乳担々麺 大豆ミート使用」 (1/2ページ)

 ここ数年、タンパク質の重要性がずいぶん認知されてきました。「ダイエットにはタンパク質が必要」というキーワードも広がり、コンビニでもサラダチキンをはじめ、タンパク質を売りにした商品がたくさん並んでいます。

 タンパク質は、カラダを作るメインの栄養素です。カロリーが不足するとカラダは、筋肉のタンパク質を分解してエネルギーを作り出すため、無理なダイエットは、筋肉量を減らしてしまいます。なので、タンパク質は不足しないようにダイエット中も摂取がすすめられています。また、タンパク質には細胞を作る働きもあり、免疫細胞も作られますので、免疫力を高めるためにも重要です。

 大切なのは、何からタンパク質を摂取するかです。肉や魚、大豆、卵などタンパク質が多く含まれている食品はありますが、含まれる栄養素や、体への働きはそれぞれ異なります。

 肉だけをメインに食べていると、大腸がんのリスクが上がるという論文が多数あります。肉など動物性タンパク質をとりすぎることで、生活習慣病だけでなく、がんのリスクも増えていきます。そのため、タンパク質は肉からだけでなく、魚や大豆製品からの摂取を意識することが大切です。

 注目されているのが大豆タンパク質、植物性タンパク質といわれる大豆や植物(小麦など)から作られているタンパク質です。自然食のお店やヴィーガンのお店ではメニューに使われていますが、コンビニでもこの大豆タンパク質を使ったメニューが出てきています。

関連ニュース