記事詳細

【今から始めよう!70代まで働く健康術】メタボが引き金!? 「非アルコール性脂肪肝」に“相互悪化”の恐怖 (1/2ページ)

 暴飲暴食が2型糖尿病の誘因となるのは周知のこと。一方で、非アルコール性脂肪肝にもなりやすい。非アルコール性脂肪肝は、飲酒習慣がなく、肝臓に中性脂肪が30%以上たまった状態である。

 「2型糖尿病と非アルコール性脂肪肝は、手を取り合って相互に悪化します。いずれも誤った食習慣が原因で、今世紀に入り、どちらの患者さんも増えているので注意していただきたい」

 こう話すのは、高橋医院(東京都中央区)の高橋友乃院長。東京医科大学病院糖尿病・代謝・内分泌内科の兼任准教授で、糖尿病と非アルコール性脂肪肝などの研究を長年行い、相互関係に詳しい。

 2型糖尿病と診断された約6割の人に、非アルコール性脂肪肝が合併しているとの報告があるという。さらに、2型糖尿病の人は、そうでない人と比べて、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)のリスクも高まる。NASHは、肝臓に脂肪がたまった状態が続いた後に、肝臓で炎症が続くようになり、組織が変性することで肝硬変へとつながる。同時に、肝がんのリスクも上昇。

 「2型糖尿病の人の2割弱は、肝臓の病気で亡くなっています。2型糖尿病は、目の網膜、神経、腎臓などの合併症が有名ですが、同時に肝臓を守ことも意識しましょう」

 反対に、食べ過ぎなどで非アルコール性脂肪肝と診断された人の2割以上は、2型糖尿病をはじめ、空腹時の高血糖や耐糖能異常(空腹時血糖値が正常値と異常値の間にある境界型)が見られるという。非アルコール性脂肪肝と診断された後に、2型糖尿病を発症する割合も3・5倍に上るそうだ。2型糖尿病と非アルコール性脂肪肝の関係は別項を参考にしてほしい。

関連ニュース