記事詳細

【艇王・植木通彦 さわやか交友録】中澤佑二さん「目標達成へ何をすべきかゴールから逆算」“中澤イズム”をスター候補レーサーに注入 (1/2ページ)

 ボートレースアンバサーとして、YouTubeで毎週月曜『ボートレースウィークリー』、毎週木曜『ボートレースウィークリーNEXT』、毎月2回『DreamRunner』で情報発信し、大勢の方のご視聴ありがとうございます。

 今回は『DreamRunner』に最近ご出演いただいた中澤佑二さんについて書きます。DreamRunnerはさまざまな分野で活躍されている方々に、ボートレース情報発信拠点SIX WAKE ROPPONGIで、人生体験や夢などについて語っていただく番組です。

 中澤さんは元サッカー日本代表選手でディフェンダーとして大活躍しました。高校卒業後すぐプロを目指しブラジルにサッカー留学しました。プロになるという強い決意を持った留学で、留学しなければ自分はプロにはなれないと思ったそうです。

 対談を通して感じたのは、常に目標達成のために今何をすべきかを考え、ゴールから逆算して行動していることでした。おそらく行動に出る前に入念に何をどうすればよいかを考え、ご自身の中でゴール(目標)までの道がつながった時点で行動し成功を引き寄せたのだと思います。

 私もその気持ちはわかる気がします。私もこの逆算の考え方は現役時代に取り入れていました。年末のグランプリ出場を目指し、SGやGIをどう戦うかを考えていました。そのために何をどうしなければいけないか、アイデアが湧いてきたものです。それらをクリアできたときは自分からアピールしなくても周りが反応し最強のオーラとなり、少ないチャンスをつかむことができ、グランプリ出場につながったと思います。

関連ニュース