記事詳細

「夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2020」チーム戦 マーチャオがリベンジV!

 東西合計44チーム(東日本32チーム、西日本12チーム)が参加した「夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2020」チーム戦の決勝戦が先日都内で行われ、マーチャオが優勝した。

 麻雀ニュージェネchとマーチャオがトップを分け合う形で始まった最終戦では、麻雀さかえが一時トップになるが、オーラスでは倍満条件と厳しく、最終戦の着順でトータルトップはマーチャオとなった。

 優勝したマーチャオの涼宮麻由プロは「2年前(準決勝敗退)の雪辱を果たせて本当によかった」、高橋樹里プロは「前回負けた反省から成長できたのが、良い結果を生んだのだと思います」と、それぞれ感想を述べた。