記事詳細

機械式時計の魅力と歴史が凝縮 ファン必読の一冊『WATCH GLOBAL ISSUE1』 (2/2ページ)

 また本書は、単に有名ブランドの時計を美しく紹介しているだけではない。そもそもトゥールビヨンはフランスの天才時計職人・ブレゲが生み出し、1801年(!)に特許を取得した。パテック フィリップの“絶世の美女”「クロノメトロ・ゴンドーロ 5098P」は、20世紀初頭に興った「産業と芸術の融和」がテーマの芸術潮流・アールデコにルーツを持つ。読むと、200年以上にも及ぶ機械式時計の歴史に思いをはせるとともに、時計が決して「ただ時間を知るための道具ではない」(本書20ページ)ことがあらためて理解できる。

 魅力ある超高級腕時計の世界へ-。ぜひ手元にコレクションしておきたい。

 ■深見東州(ふかみ・とうしゅう) 1951年、兵庫県生まれ。同志社大学経済学部卒。十数社を経営する傍らカンボジア政府顧問など国際的に活躍。天台座主の許可のもと在家得度。法名が東州。経営コンサルタント、菱法律経済政治研究所代表取締役社長(所長)。「強運」など、著書290冊以上。