記事詳細

ハーゲンダッツジャパンが「バニラ」「ストロベリー」「グリーンティー」で鮮やか限定デザインのミニカップ発売

 ハーゲンダッツ ジャパン(東京都目黒区)は、日本のカルチャーシーンで活躍するアーティストがデザインしたミニカップを11月下旬から順次、数量限定で発売する。ラインアップは人気の高い「バニラ」や「ストロベリー」、「グリーンティー」の3種類で、価格は税抜295円。

 グリーンティーのデザインを手掛けたのは、NHK大河ドラマ「八重の桜」の5月度オープニングタイトルバック用に作品を提供したことでも知られる、染色作家の古屋絵菜氏。香りの華やかさを花びらで描き、抹茶の味わいを緑色の背景の濃淡で表現した。

 アートパッケージの発売に合わせ、24日にはインスタグラムのAR機能を使ったコンテンツを配信する。