記事詳細

【音の魔術師 作編曲家・萩田光雄の世界】心に残るヒット曲の舞台裏 『木綿のハンカチーフ』は「ざっくりとジーパンのイメージ」 (1/2ページ)

 1970年代から数多くのヒット曲を手がけてきた作編曲家、萩田光雄(75)。その偉大な足跡は5枚組のCDボックス『音の魔術師/作編曲家・萩田光雄の世界』(ソニーミュージック・ダイレクト)でたどることができる。心に残るヒット曲の舞台裏に迫る。

 萩田といえば、太田裕美では1974年のデビュー曲『雨だれ』から現在まで多くの楽曲でアレンジを手がけた。大ヒットとなった『木綿のハンカチーフ』(75年)だが、担当したのはアルバム『心が風邪をひいた日』用のバージョンだった。

 「太田さんってデビュー当時のキャッチフレーズが『まごころ弾き語り』だったかな。だからいきなりギターがガーンってアレンジはないよね。どちらかというとクラシックフレーバーのお嬢さまチックなイメージを考えたんですよ」

 『木綿のハンカチーフ』も「ざっくりとジーパンのイメージだった。これが新しく聴こえたのかもしれないね。ただ僕はアルバム用だから、シングルにするとなったときに作曲した筒美京平先生がイントロを加えて、今の形になったんです」と振り返る。

 そんな萩田だが、幼いころは音楽に興味がある少年ではなかった。

 「母が琴を弾いて、姉がピアノ、そして兄は自分で電蓄(蓄音機)を作ってクラシックのSP盤を聴いていたから、身の回りに音楽はあったんだよね。兄は11歳も年が離れているから、僕が小学生のときにはもう大学生だったね。僕は、兄の大切にしていたSP盤を踏んづけて割っちゃって、怒られているような子だったから」と笑う。

関連ニュース