記事詳細

反町隆史が「相棒」卒業…水谷豊「撮影はまだ終わってません(笑)」 歴代最多出演数更新で決断

 ドラマ『相棒』シリーズで2015年から主演の水谷豊(69)演じる天才警部・杉下右京の4代目相棒、法務省のキャリア官僚・冠城亘を演じてきた俳優、反町隆史(47)が放送中の「season20」で卒業することになった。

 2015年の「14」で初登場した反町。24日の放送回で初代相棒の寺脇康文(59)の記録を抜いて125話目の出演となり、歴代最多出演数を更新することなどから反町自身が決断した。反町は「ここまでやってこられたのは水谷さんがいたから」と感謝の弁。

 水谷は「ソリありがとうと言いたいところですが、撮影はまだ終わってませんね(笑)。来年2月まで残りの撮影もよろしくね」とコメントしている。

関連ニュース