記事詳細

反町隆史の「相棒」卒業にネット民「冠城ロスになりそう」「殉職だけは…」 (1/2ページ)

 俳優、反町隆史(47)が2015年からレギュラー出演する連続ドラマ「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)を、現在放送中の「season20」(水曜後9・0)をもって卒業することが24日、同局から発表されたことを受け、ネットには「冠城ロスになりそう」などと大きなショックが広がっている。

 反町は15年の「-14」で法務省のキャリア官僚・冠城亘として初登場。「-15」から警視庁の窓際部署の「特命係」に正式配属となり、主演の水谷豊(69)演じる天才警部・杉下右京とともに数々の難事件を解決へと導いてきた。

 24日付のサンケイスポーツによると、反町は24日放送回で初代相棒の亀山薫役を務めた寺脇康文(59)の歴代最多出演数を更新する125話目の出演となることなどから決断。クールで頭脳明晰な切れ者であると共に、ときにミステリアスで、ウィットに富んだ冠城と杉下の7年にわたる「相棒」に終止符が打たれる。

関連ニュース