記事詳細

【ぴいぷる】俳優・升毅 初心忘れず思いを届ける 昨年急逝…親友、佐々部清監督の意思受け継いだ映画「歩きはじめる言葉たち ~漂流ポスト3.11をたずねて~」公開中 (2/3ページ)

 「佐々部監督とは年齢も近く、親友の関係でした。実は監督が準備中の新作の脚本を数本渡され、『一緒に撮ろうな』と約束していたんですよ」と打ち明ける。

 その中の一作が、ドキュメンタリー映画として完成した。

 「歩きはじめる言葉たち~漂流ポスト 3・11をたずねて~」(公開中)

 「当初の構想は劇映画でしたが、監督は何を撮りたかったのかをたどるドキュメンタリーに変わりました。監督の心の中の風景を旅するような、そんな撮影でした」

 東日本大震災後、「亡くなった大切な人へ思いを届けるポスト」が岩手県陸前高田市にある。

 佐々部監督の故郷・下関からポストのある東北まで、監督ゆかりの地を縦断しながら旅するロードムービーになった。升は語り部として登場している。

 名バイプレーヤーだけに主役を演じたのは遅く、5年前、佐々部監督がメガホンを執った映画「八重子のハミング」が初めてだった。アルツハイマーを患う妻を看取る初老の男性という役柄だった。

 4度のがんを克服した夫が妻を介護する実話で、「『あなたにしかこの役を演じることはできない』。監督は私にこう言いながら脚本を手渡してくれたんですよね」としみじみ振り返る。

 そのときのプロデューサーが、新作「歩き始める言葉たち」の野村展代監督。縁は続く。

関連ニュース