記事詳細

狙われた女子アナの私生活 コロナ禍で思わぬ“2次被害”熱愛報道相次ぐ 「週刊誌や女性誌の格好の取材ターゲット」 (2/2ページ)

 結果、緊急事態宣言下では、芸能人が街から消えるという現象が起こったわけだが、その影響をもろに受けたのが、なんとキー局の人気女性アナたちだったのだ。

 ここ最近、日本テレビの岩田絵里奈アナ(26)や滝菜月アナ(28)、テレビ朝日の斎藤ちはるアナ(24)や三谷紬アナ(27)らに熱愛&デート報道が相次いだが、女性誌編集者はこう明かす。

 「局アナは仕事柄、コロナ禍でもリモートとはいかず、通勤などで外出せざるを得ません。それでいて、どんなに売れっ子アナになっても芸能人のようにマネジャーや運転手はつかず、基本的には電車移動ですからね。人気芸能人の姿を街で見かける機会が大幅に減った分、通常モードで街に出ている彼女たちが、週刊誌や女性誌の格好の取材ターゲットになっていたわけです」

 キー局の女子アナたちにとっては私生活をも脅かすコロナ禍は一刻も早く収束してほしいところだろう。

関連ニュース