記事詳細

熊田曜子、夫のDVでPTSD発症か 次回公判は「直接対決」

 離婚騒動の渦中にあるタレント、熊田曜子(39)が会社経営者の夫(38)からのDV(家庭内暴力)で一時的に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症していた。15日、弁護人が明らかにした。

 一方、熊田への暴行罪に問われた夫は、15日に東京地裁で開かれた初公判で、熊田を平手で殴るなどしたとする起訴内容について、夫は「暴力は一切ございません」と否認した。くしくもこの日は、熊田の最新写真集『39』の発売日だった。

 11月9日の次回公判で、熊田自身が検察側証人として出廷することになった。離婚をめぐっては協議に入っていることが明らかになった。