記事詳細

治らない女癖、東出昌大に“つける薬なし” 自分の立場も分からず…5歳下ハーフ美女と交際報道、ロケ先の広島まで呼びつけ (1/2ページ)

 何が悪いというわけではないが、やはり首をひねらざるを得ない。俳優、東出昌大(33)と5歳下のハーフ美女の交際を『週刊文春』が報じている。東出というと、自らの不倫騒動をきっかけにおしどり夫婦といわれた女優、杏(35)と昨年夏に離婚に至ったばかり。ちょっとばかり時期尚早ではとの思いが交錯している。

 同誌によると、相手はタレント、滝沢カレン(29)似のOLとのこと。5月頃に出会い、翌6月からは毎日のように会っているとする知人の証言も掲載。東出のほうからアプローチしたとも報じている。

 また、緊急事態宣言が明けたばかりの今月上旬には、東出が撮影のために滞在していた広島県内のホテルに女性を呼び寄せていたとも伝えているのだ。

 東出といえば、昨年1月に若手女優との不倫が週刊誌報道で発覚し、同8月に妻で女優、杏(35)と離婚したことが記憶に新しい。

 「それでも、杏は当初、子供たちのことを考えて、離婚は避けたいという意向でした。しかし、東出が記者会見で、報道陣から杏と不倫相手のどちらが好きかと問われたとき、答えを言いよどんだことで離婚が決定づけられました。東出の優柔不断さが自分の首を絞めた形でした」と女性誌編集者は振り返る。

関連ニュース