記事詳細

「嫌いにならないでね」活動再開後の深田恭子がファンに見せた“神対応” (1/2ページ)

 今年5月に「適応障害」と診断され、芸能活動を休止していた女優・深田恭子(38)が9月から活動を再開。主演映画『劇場版 ルパンの娘』も10月15日に公開予定で、連日メディアに登場している。復帰後も元気に活動する姿を見て、安堵しているファンも多いことだろう。

 9月下旬、都内の高級スーパーにそんな復帰直後の深田の姿があった。1人カートを押しながら野菜などを吟味していたが、そこに突然、ファンと思しき男性が駆け寄ったのだ。

 声をかけられてもとくに驚く様子もなくしばらく話し込んでいた深田は、最後にマスク越しにも分かるような笑顔で男性に手を差し出した。

 深田がスーパーを出た後、男性に話を聞いた。

 「大ファンなのですぐに深キョンだと気付きました。深キョンが出演していたドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)や『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)を見ていたことを伝えたら、『ありがとうございます』と優しい表情で、目を見て言ってくれました。ドラマの感想を伝えているときも、ウンウンと頷きながらずっと話を聞いてくれて。

NEWSポストセブン

関連ニュース