記事詳細

【日本美女目録 新珠三千代という女優】異彩を放ったドロドロ不倫劇…田中角栄と噂も 愛のうず潮(1962年) (1/2ページ)

 『うず潮』というとカトリーヌ・ドヌーブを思い出すかもしれないが、今回は新珠三千代の『愛のうず潮』(1962年)だ。

 かつて「よろめきドラマ」なる言葉が流行した。貞淑な人妻が夫以外の男との関係に溺れるさまを描いたもので、いわゆる昼メロだが、それだけ社会が成熟、または退廃した時代にマッチしたということか。

 きっかけのひとつが、梶山季之原作の同名小説で作られた連続ドラマだ。本作はそれを堀江史朗が脚色して映画化したもの。一言でいえば典型的なドロドロの不倫劇。

 ダンスホールで三橋達也と新珠が密会して踊るシーンに、松尾和子自身が歌手役でこの主題歌を歌っている。三橋とはウマが合うのか名作『洲崎パラダイス赤信号』(56年)以来たびたび共演することになった。

 名画座などで再上映された際、フィルムが経年劣化してピンク色になってしまっていた。「カラーだかモノクロだか分からない」との声も多く聞かれた。貴重なフィルムを残すためにも早くデジタルリマスターして修正保存しないといずれ見られなくなるだろう。

関連ニュース