記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】綾瀬はるか “ガッツリ”グラドル経験し国民的女優に大成 (1/2ページ)

 芸能人のコロナ感染のニュースが続いております。心配していたのが、個人的に親戚のおじさん感覚で見守っていた高橋ひかる様。

 2014年、第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを獲得直後、彼女にとって人生初のインタビューをさせていただいたのがワタクシです。

 会場に応援に駆けつけていたお父さまにも取材。娘の快挙にやや興奮気味に「これからも、ありのままで」と話されたことを思い出します。

 オスカープロモーション恒例の晴れ着撮影会では「ああ、こんなに背が高くなって、ああ、こんなにキレイに」と、その成長を感じるのが楽しみにしておりました。

 大丈夫かな、と気にかけておりましたが、安堵(あんど)の報が先日インスタグラムに。

 体調回復と仕事復帰を報告されたひかる様。

 本当によかった。

 そして、ニュースでも大きく取り上げられたのが、綾瀬はるか様のコロナ感染。

 感染よりも気になったのが、はるか様が自宅療養から肺炎の症状で入院。その入院に対して一部「芸能人だから」とのバッシングがあった、との報道が…。

 これ、本当のことなのでしょうか?

 関連ツイートのレスにあらかた目を通しましたが、直接的に書いているレスは削除されたのか発見できず。

 とにかく矛先があまりにも違い過ぎて唖然(あぜん)。

 不満がたまり過ぎて、正常な感覚を保てていない人が増えているのでしょう。

関連ニュース