記事詳細

この美女だれだ? ぼったくり防止動画で注目 カタコトの日本語で客引きをするセクシー美女

 『全裸監督2』の主演などで知られる俳優、山田孝之(37)の実姉で女優の椿かおりが出演する警視庁のぼったくり防止用の動画「NO! 客引き! ついていかない!」が話題となっている。

 都内の繁華街の街頭デジタルサイネージや警視庁各種サイトで放映中だ。緊急事態宣言中のため、繁華街も少々活気を失ってはいるが、それでも客引きによるボッタクリ被害が後を絶たない。

 警視庁は注意喚起のためにCMを制作。演出は『バイプレイヤーズ』などを手がける松居大悟監督がテンポよくコミカルにまとめた。

 カタコトの日本語で客引きをする異国風セクシー美女を演じた椿は「15秒ですべての内容を納めなければいけないので、スピーディーに、通常より端折った演技に『不自然に見えないかな?』と不安を感じもしましたが、完成するとまったくそんなことはなく。またひとつ勉強になりました」と語る。

 過去のオーディションで、椿が演じたキャラクターを覚えていた松居監督が椿を起用。

 「役者にとってこれはとんでもなくうれしいことで、連絡をいただいたときは本当に少し泣きました」と椿は振り返る。

 さまざまな国籍のキャストが集まり、アジア一の歓楽街といわれる東京・新宿歌舞伎町で今年6月に撮影された。

 「身近な方たちからも『見たよ~!』『カタコトうける』などとおおむね好評なコメントをいただいています」と椿がいうように評判は上々。

 とはいえ、繁華街のボッタクリ事情は、椿にとっては未知との遭遇だったようだ。

 「ぼったくり被害が多いと知って驚きました。警視庁のホームページで公表されている『違法客引き出没エリア』マップなどの取り組みも初めて知りました。外食がしづらい今だからこそ、客引きの甘い言葉にフラフラっ…と誘惑されてしまうのかなと感じます。気をつけたいですね…」

関連ニュース