記事詳細

【坂上忍の白黒つけて何が悪い】「白頭山大噴火」 遠慮なく言わせてもらうと残念 あ~もったいない、主役ってひとりでいいんです (2/3ページ)

 一方、制作側も、少しでも人気がある俳優をキャスティングすることで、興行収入的にも保険をかけておきたくなるもので。

 ただ、そういった思惑が働くことによって肝心の内容にブレが生じるのであれば、本末転倒なわけです。

 非常に難しいさじ加減とは思うのですが、作品によっては「ああ、このキャスティングができた時点で満足しちゃったのかな~」と思わざるを得ない内容のモノもあり、プロデューサー主導といいますか、果たして監督は納得した上でのキャスティングだったのかなと。

関連ニュース