記事詳細

YOSHIKI「16ヶ月外食してない」感染再拡大のロスでの生活を報告 「接種後もマスクは絶対要る!」などと反響 (1/2ページ)

 ロックバンド、X JAPANのリーダー、YOSHIKIが19日に投稿したツイートが注目を集めている。

 ロサンゼルス在住のYOSHIKIはこれまでもアメリカの新型コロナウイルスの感染状況を伝えたり、日本のファンに向けて感染予防対策を呼びかけたりしてきた。ノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大iPS細胞研究所長(教授)の山中伸弥氏との対談の配信、世界中の音楽関係者を支援する「COVID-19救済基金」へ10万ドル(約1000万円)を寄付するなど、感染拡大を危惧した行動も称賛されている。

 19日にはツイッターで、感染再拡大に伴い、ロサンゼルスで再び屋内でマスク着用が義務付けられたことを伝えるネットニュースの記事を紹介しながら「LAでワクチン接種者のマスク着用義務が緩和されてからも、自分は(ワクチン接種済み)マスクをつけ続けている。正直、少し勇気が必要だった時期もあるけど!」とコメント。続けて「こういった規制、緩和のタイミングって判断する側も大変なんだろうなって思う」と想像し、「少しでも感染抑制に協力したい」と思いをつづった。

 さらにYOSHIKIは「いつ日本に帰れるかわからないけど、その日が待ち遠しい!でも色々と落ち着くまでは米国にいる予定」と帰国を控えているといい、「ちなみに16ヶ月外食してない。泣」と外食も自粛していることを明かした。

 これらのツイートは、あるユーザーが「YOSHIKIが、『ワクチン接種してもマスク着用』とか『少しでも感染抑制に協力したい』とか『16ヶ月間外食してない』とか素晴らしいtweetする度に心の中でこの旗上げてる」と、映画「翔んで埼玉」(2019年)の劇中カットを添えて紹介したことで、より注目されるようになった。同作の埼玉県民と千葉県民の抗争シーンでは、YOSHIKIの顔写真がプリントされた旗が登場している。

関連ニュース