記事詳細

【鎮目博道 テレビ用語の基礎知識】「CM総量規制」 あくまでも「生活情報番組」であってCMではない “全局ブランチ化”で進む「番組の3極化」 (1/2ページ)

 TBSさんの『ラヴィット!』という朝の番組が何かと話題になってますね。視聴率が「爆死」しているとか、「つまらない」とか、毎日のように記事になってます。面白いかどうかは置いておくとして、あの番組の一番の特徴は「話題のお店や商品などを紹介する番組」だってことですよね。「毎朝やってる王様のブランチ」って感じですか。

 そういえば4月から『よるのブランチ』という番組も深夜に始まりました。「ブランチ」って朝食と昼食を兼ねた食事って意味だと思うんですが、このままいくとTBSは「朝のブランチ」「午前のブランチ」「午後のブランチ」「よるのブランチ」と、1日中ブランチだらけになってしまわないかと心配です(笑)。

 僕も昔ミニ枠(5分以内くらいの短い番組)でそのような番組のプロデューサーをやったことがあるんですが、1社の商品にスポットライトを当てて紹介する情報番組って、番組なのか宣伝なのかよく分からない部分がありますよね。

 僕のやってた番組では「どこのメーカーのどの商品を紹介するか」は局の営業が実質決めてました。CMじゃないから、その番組で紹介しても料金が発生するわけじゃないんでしょうけど、番組で紹介するのを材料として放送局が何らかの商売を多分してるわけです。

関連ニュース