記事詳細

才色兼備で大活躍の芦田愛菜、気になる噂…芸能活動休止? 大学の医学部進学を目標の一つに (1/2ページ)

 一度咲くのも難しいといわれる芸能界で子役、そして現在は女優として二度にわたり大輪の花を咲かせているのが芦田愛菜(16)。しかも、私生活では超エリート高校に通うなど才色兼備を地で行っているが、意外な噂が業界内を駆けめぐっているという。

 「芦田さんが今秋にも芸能活動を休止するのではないかと編成を中心に噂になっています。あれだけの売れっ子だけにまさかと思うんですが…」

 戸惑いの表情を浮かべながら、明かすのは民放テレビ局の情報番組スタッフ。

 芦田といえば、2010年に放送されたドラマ『Mother』(日本テレビ系)で注目されるようになり、阿部サダヲ(50)とW主演を務めた11年の『マルモのおきて』(フジテレビ系)でブレーク。

 ドラマで共演した鈴木福(16)と「薫と友樹、たまにムック。」として歌唱した主題歌『マル・マル・モリ・モリ!』は大ヒットし、同年の『NHK紅白歌合戦』に出場を果たすなど、天才子役として時の人となった。

 その後、中学受験に挑み、複数の難関私立中学校に見事合格。その中から慶應義塾中等部に進学した。ある芸能事務所マネジャーは明かす。

 「芦田さんは芸能活動の傍ら、小学4年生から大手進学塾に通い、当初からトップクラスの成績だったとか。中学受験で複数の名門校に合格した際には教室に名前が張り出され、その後は塾のイメージキャラクターも務めています」

関連ニュース