記事詳細

【鎮目博道 テレビ用語の基礎知識】年末年始特番、過去素材の多用と感染対策に“ちぐはぐ感” 正直ガッカリ「笑ってはいけない」と失望の「モーニングショー」 (2/2ページ)

 でも、じゃあそんなに厳重に感染対策してるの? というと、画面を見る限りそうでも無さそうなのはなんなんでしょう。鼻に豆を入れて飛ばす「あの定番芸」とか、感染対策的にはアウトっぽくないですか? 他の番組でも、明らかに緊急事態宣言の頃より感染対策ゆるくなっていますよね。

 思うにもっと感染対策して特番を撮るなら撮るべきで、止めるなら止めたらいいんじゃないでしょうか。中途半端だと「本当に感染対策? 実は予算削減で過去素材使ってるだけじゃないの?」と勘ぐりたくなります。過去映像ばかりじゃ一層テレビ離れも進みそうです。それなら新作の洋画とか放送した方がまだ良くないですか。

 あと、元日のテレ朝「モーニングショー特番」には失望しました。NHKから紅白の映像を買って延々と流すのは悲しすぎませんか? NHKより先に嬉々として紅白のダイジェストを放送するとか、恥とか外聞とか自尊心とか無いんですか? OBとして新春早々かなり悲しい気持ちになりましたよ。

 ■鎮目博道(しずめ・ひろみち) テレビプロデューサー。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。1992年テレビ朝日入社。スーパーJチャンネル、報道ステーションなどのプロデューサーを経て、ABEMAの立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などを企画・プロデュース。2019年8月に独立。近著に『アクセス、登録が劇的に増える! 「動画制作」プロの仕掛け52』(日本実業出版)。

関連ニュース