記事詳細

後立たぬ芸能界の薬物事件、2021年のターゲットは誰だ? 「社会の空気を引き締める」大物逮捕劇の予想 (2/2ページ)

 こうした背景もあり、万が一に備えて、所属タレントに対してプライベート面の指導を水面下で行う芸能事務所もあるという。それでも、違法薬物に手を染める芸能人は後を絶たない。

 「大物でいえば、伊勢谷さんと交友関係にあった女性タレントのA、そのAやピエール瀧さんとも親交の深い男性タレントB、以前から違法薬物疑惑の噂が尽きない男性タレントC、芸能界に幅広い交友関係を持つベテランタレントD、そして人気司会者のEあたりでしょうか。それに、半グレ集団との関わりが強いといわれているモデルのF、女性タレントのGなんかも最近よく名前が挙がっています」(前出の芸能事務所のベテランマネジャー)

 さらに、警察関係者はこう明かす。

 「昨年あたりから注目されているのがCやEの地元のルート。彼らの地元周辺には女優のHやI、俳優のJ、ミュージシャンのKらもおり、かねて違法薬物の噂が取り沙汰されている者も少なくない。その地域の違法薬物の供給ルートがかなり強力なのではないかともっぱらです。そういえば、沢尻さんも一時期、その地域によく出没していたようですしね」

 21年も世間を騒がせる芸能人が出てくるのだろうか。

関連ニュース