記事詳細

【鎮目博道 テレビ用語の基礎知識】「外国で番組制作する時代」 黒船バラエティー襲来前夜か…日本のテレビマンもうかうかしていられない (1/2ページ)

 今年は「激変の1年」ですよね。コロナ禍で社会の仕組みとか、生活の様式とか、人と人とのかかわり合い方とか。ひょっとしたら「人間が生きるということ」自体が変わってしまいつつあるのかもしれません。

 まだ振り返るには早いかもしれませんが、2020年もあと2カ月です。ご多分に漏れず、テレビを取り巻く環境も大きく大きく変わりました。「激震が走った」というか、激しく変わりすぎて、変わっていないことを探す方が難しいくらい。最近痛感するのは「外国のテレビマンが制作した番組が日本で放送されることが当たり前の時代が到来しつつあるな」ということです。特に韓国ですかね。

 コロナ禍で打ち合わせはオンラインが当たり前になりましたが、「テレビ」は地上波から配信中心に変わりました。地上波が1~2チャンネルくらい減ってもそんなに困らないかもしれませんが、NetflixやHulu、Amazonプライムなしでは生きていけなくなりつつある。

 そんな中、多くの人にとって「ドラマを見ること」には、当然のように韓国ドラマが含まれるようになったのではないでしょうか。かつてのように韓流好きの女性が見るものではなくなっていますし、「韓流」という言葉すらもはや過去の物という感じです。

関連ニュース