記事詳細

【働くみんなの相談室】パートタイマーは健康診断を受けられない? (1/2ページ)

【Q】 職場の正社員は毎年1回、会社が指定する病院に各自で行き、健康診断を受けています。どうやら、費用も会社が負担しているようです。私はフルタイムに近いパートの契約で数年働いていますが、これまで健康診断を受診したことがありません。正社員でなければ、会社で健康診断を受けられないのでしょうか。 (40代・女性)

 【A】 労働安全衛生法は、事業主に対して、業種や職種に関係なく常時使用する労働者に医師による健康診断を行うことを義務付けており、定期的に従業員に健康診断を受けさせる必要があります。

 これはパートタイム労働者も同様で、行政解釈では、1年以上の雇用継続が見込まれ、1週間の所定労働時間が正社員の4分の3以上であれば対象になります。

 これに満たない場合でも、週の所定労働時間が正社員のおおむね2分の1以上であれば、法令上の実施義務はないものの、実施が望ましいとされています。

 法律で定められた健康診断は会社の義務であることから、その費用は会社が負担するものとされています。ただし、費用を負担すべき健康診断は労働安全衛生法で定められた健康診断についてだけです。社員が自ら選択した任意の健康診断を受診する場合、会社に実施義務が生じていないため、費用を会社が負担する必要はありません。

 健康診断の受診に要した賃金の取り扱いは職場の労使協議によって定めてほしいところですが、円滑な受診を考えると、会社が支払うことが望ましいとされています。健康診断の時間を有給とすることを認めている場合は、欠勤届を提出したり、有給休暇を使用する必要はありません。

関連ニュース