記事詳細

「死後にデジタルで再現していい?」約6割が反対 理由は「意思確認できない」「死後も働きたくない」 (1/2ページ)

 自分の死後、行動履歴やSNSへの投稿を基にAIやCGを使ってデジタル上に復活(または再現)させられることに約63%が反対--こんな調査結果を、デザインスタジオのWhatever(東京都港区)が公開している。

 調査は2020年1月30日~2月7日まで、日本と米国の15歳以上の男女を対象に実施。Webアンケートを行い、1030人が回答した。

 アンケートは、自分の死後のデータ利用や、故人の“復活”の是非などについて問う内容。

 自分以外の故人を復活させる場合も含めて「許可しない」と答えた理由を聞いたところ、「本人の意思が確認できない」と答えた人が約60%、「倫理的にタブーと感じる」が約50%だった。再現したコンテンツを有償で提供することも可能なことから「死んだ後にまで働きたくない」という答えも約15%あった。日米で比べると「死んだ後にまで働きたくない」と答えた人は日本が約18%で、米国を5ポイント上回った。

 死後の個人データの利用については「許可しない」「目的によっては許可する」と答えた人はともに約45%。許可する使い方は「家族や信頼できる相手が閲覧する」が約64%で最多、次は「家族や信頼できる相手が新たなコンテンツを作る」が約21%という結果になった。「他人が勝手に閲覧・利用する」ことを許可する割合は約5~6%で、他人でも遺族と契約した場合には約10~13%が許可するという。

ITmedia News

関連ニュース