記事詳細

H2Oの駅コンビニがローソン店舗に 物流分野や商品開発で協力

 流通大手のエイチ・ツー・オー(H2Ο)リテイリングは、コンビニエンスストア大手のローソンと包括業務提携を結んだと発表した。H2Οが阪急電鉄や阪神電鉄の駅構内などで運営するコンビニ「アズナス」のローソン店舗への転換が軸となる。物流分野や商品開発でも協力関係を築く。

 H2Οの荒木直也社長は記者会見で「ローソンは先進性と独自性があり、パートナーとして最適と判断した」と述べた。

 約100店舗あるアズナスは来年初めには全てローソンの店舗に置き換わる計画だ。ローソンの竹増貞信社長は「通勤客など駅利用者による『ついでの買い物』が期待できる」と駅コンビニの立て直しに意欲を示した。

関連ニュース