記事詳細

天然砥石の研ぎ味と切れ味を追求した高品質の人造砥石

今、密かにヒットしている商品がある。それが「Morihei 砥石 火シリーズ」だ。火シリーズは良質な天然石を配合し、低温で焼成した人造砥石。昭和8年創業の刃物と天然砥石専門の老舗問屋「森平」が試行錯誤を繰り返し、5年の歳月をかけて作り出したオリジナルの人造砥石なのだ。<産経ネットショップ>



 今では砥石を使って包丁を研ぐ家庭は減ってきているかもしれないが、日本では古来より「砥ぎ文化」というものが存在する。昔は刃を研磨する道具に、自然の山などから採掘する天然砥石が使われてきたが、現在は採掘できる鉱山が減り、人工の研磨剤などを用いた人造砥石が普及している。
 天然砥石は研いだ後の鋭い切れ味や輝き、また長く愛用できる耐久性が特長。しかし、天然砥石は個体差があり、包丁に合った砥石を選ぶことが初心者には難しい。一方、人造砥石は品質が安定しており扱いやすく、価格もお手頃。ただ、天然砥石に比べ、砥ぐ際に必要な水分を保ちにくく、粒子が尖っているため、刃に傷が入りやすいというデメリットがある。
 そこで「納得のいく砥石をつくりたい」と森平の4代目店主小黒章光氏は、天然砥石と人造砥石の利点を組み合わせたオリジナルの人造砥石「Morihei 砥石 火シリーズ」を完成させたのである。



 素材に良質な天然石を配合し、低温で焼成。砥ぎ味は天然砥石に近く、鋼やステンレスにも対応し、包丁だけでなくカンナやノミなどの大工道具にも使用可能だ。水をかけるだけで砥ぎ始められ、余分な手間もかからない。砥ぎ傷が浅く、刃先を痛めにくいのも特長だ。



 「Morihei 砥石 火シリーズ」は荒砥から極細目の超仕上砥石までの全6種類を用意(7150円~1万5840円)。この6種類があればプロの料理人の道具にも対応できるが、家庭用におすすめなのが「中砥石 #1000」だ。主に包丁の切れ味が落ちた時に使用するが、月に1回程度研げば切れ味の良い状態を保ちやすくなる。研ぐことで包丁の性能を最大限に引き出すことができ、食材の繊維をつぶさず切ることで鮮度を保てる。食感の違いが楽しめるようになれば、この砥石が手放せなくなるだろう。初心者でも使えるので贈り物としてもおすすめだ。



 また、砥ぐ姿勢や砥ぐ音で心を落ち着かせることも魅力の一つ。シャッシャッと響く音色とリズム感を出すのには練習が必要だが、一度体験するとやめられなくなりそうな面白さがある。その透き通った音色を忙しい毎日の癒しにしてはいかがだろうか。

価格は全て税込み。送料無料。価格や仕様などの情報は掲載時。

産経netShop

森平 Morihei 火 砥石 荒砥 #500 森平 Morihei 火 砥石 荒砥 #500 森平 Morihei 火 砥石 中砥石 #1000 森平 Morihei 火 砥石 中砥石 #1000 森平 Morihei 火 砥石 中仕上砥 #4000 森平 Morihei 火 砥石 中仕上砥 #4000 森平 Morihei 火 砥石 仕上砥 #6000 森平 Morihei 火 砥石 仕上砥 #6000 森平 Morihei 火 砥石 仕上砥 #8000 森平 Morihei 火 砥石 仕上砥 #8000 森平 Morihei 火 砥石 超仕上砥 #12000 森平 Morihei 火 砥石 超仕上砥 #12000