記事詳細

【一生働く!】〈人材企業編 サーキュレーション(1)〉 小売企業の再生に尽力、重田博さん「中小企業は苦しい。そこを経験と知見で支援したい」 (1/2ページ)

 2014年設立の「サーキュレーション」(東京都渋谷区、久保田雅俊代表)は、新たな働き方を提案しながら、経験豊富なシニア人材をはじめ、その道のプロを活用した実働型の経営支援をさまざまな企業に提供している。

 ■案件実績7800件

 同社代表の久保田氏は起業する際、社会問題の解決につながる公共性の高い事業に携わりたいと考えた。

 少子高齢化や労働人口減少が深刻化する中、シニア人材の活用は喫緊の課題。彼らの経験や知見を、人材不足に悩み経営課題を抱える中小企業の支援に活用できるのではと、大手企業で役員経験などがあるエグゼクティブシニアの人材を「顧問」として紹介する事業をスタートさせた。

 現在は豊富な経験・知見があるシニア人材を含め、20~70代のその道のプロを「プロシェアリング」として、企業が抱えるさまざまな課題解決のために提案している。扱う業界業種はIT・通信、製造業・メーカー、金融など多岐に渡り、有するプロ人材は15000人以上、案件実績は約7800件を誇る。(20年7月1日時点)

関連ニュース