《zak女の雄叫び お題は「乱」》大爆笑の子供乱入インタビュー アジア人女性は「家政婦」?  (1/2ページ)

2017.03.21

15日、子供ら乱入のハプニングで一躍有名人となった韓国・釜山大学のロバート・ケリー助教授とその家族は、同大学で会見を行い、笑顔を見せた=韓国・釜山(AP)
15日、子供ら乱入のハプニングで一躍有名人となった韓国・釜山大学のロバート・ケリー助教授とその家族は、同大学で会見を行い、笑顔を見せた=韓国・釜山(AP)【拡大】

  • <p>子供ら乱入のハプニングで一躍有名人となった韓国・釜山大学のロバート・ケリー助教授とその家族。15日に同大学で行われた会見前も笑顔が耐えなかった=韓国・釜山(AP)</p>

 世界各国で、「何度見ても笑える」と話題になっている動画がある。

 韓国の朴槿恵前大統領が憲法裁判所から罷免を言い渡された今月10日、釜山大学の米国人の男性准教授が、自宅で英BBC放送のインタビューを受けていた最中、子供たちが乱入するハプニングが起きたのだ。

 まじめに罷免の影響などを語る准教授の後方から、黄色い服を着た4歳児の女の子が踊りながら近づいてくる。歩行器をつけた8カ月の弟まで乱入し、韓国人の母親が靴下をすべらせて慌てて駆けつけ、子供たちを仕事部屋から退散させる一連のやりとりが中継された。

 自宅の仕事部屋のカギをかけ忘れたため起きたハプニングに、准教授夫婦は「BBCからもうインタビューの依頼は来ない」と落胆したというが、BBCは映像をフェイスブックに公開。再生回数が2000万回を超えるほど世界各国で話題となり、米国では人気トークショー番組などでも取り上げられた。

 父親に遊んでもらいたくて、4歳の女の子が踊りながら近づいてくる様子がかわいらしくて、ネット上では、子供たちのキャラクターまで作られるほどファンが急増中だ。

 ところが、この動画には、もう一つ思わぬ反響が起きた。子供たちの母親について、多くの人が「家政婦」と思ったというのだ。白人男性の結婚相手は白人女性という思い込みからわき上がったもので、ネット上には、「フィリピン人ではないから、家政婦とは思わなかった」などと偏見に満ちた書き込みも見受けられた。

 女性があまりにも慌てた様子だったため、家政婦という印象を与えたという指摘もあるが、友人のカリフォルニア州出身の日系米国人の女性は、「アジア人女性はみんな従順だと思われているし、アジア人への偏見は今に始まった話じゃない」と語っていた。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。