ハリル監督、超保守的招集 本田圭佑メンバー入り「彼の存在こそわれわれに必要」 (1/2ページ)

2017.03.20

ふたをあけてみれば、代わり映えしない、いつものハリル・ジャパンだった
ふたをあけてみれば、代わり映えしない、いつものハリル・ジャパンだった【拡大】

  • <p>サッカー日本代表メンバー </p>

 サッカー日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)は極めて保守的な監督だと改めて痛感した。W杯アジア最終予選のアウェー・UAE戦(23日=日本時間24日未明)と、タイ戦(28日、埼玉)に向けたメンバー発表をみた感想だ。

 今年に入ってから1試合も出場してないFW本田圭佑(30)=ACミラン=も当然のごとくメンバーに入った。ハリル・ジャパンのこれまでの23試合で本田は17試合に出場し9ゴールを記録しているからだという。「彼の存在こそわれわれに必要なんだ」(ハリルホジッチ監督)と最大級の褒め言葉を贈った。

 最も出場しているのは、19試合のDF吉田(サウサンプトン)だ。出場2位はFW宇佐美(アウクスブルク)とDF森重(東京)、岡崎(レスター)そしてFW原口(ヘルタ)である。23試合中17試合以上出場している面々はアウェーとはいえ敗退が許されないUAE戦で結局全員招集された。

 インパクトを与えるためにも国内組だがFW斎藤(横浜)は選んでほしかった。しかしハリルホジッチ監督は今回も石橋をたたいても渡らないぐらいの保守的な招集にこだわったのだ。

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。