野球の神様の気まぐれは極端 巨人・篠原、プロ初勝利の陰で泣いた男達 (2/2ページ)

2017.04.21

バントを試みた高木勇が投球を右手に当て、この後降板。4者4様のドラマが動き始めた
バントを試みた高木勇が投球を右手に当て、この後降板。4者4様のドラマが動き始めた【拡大】

  • <p>初登板初勝利を挙げた篠原</p>

 高木勇からこぼれたチャンスを篠原が拾い、3番手以降も虎の子の1点を守り切る完封リレー。だが8回登板の森福は、またも与えられたチャンスを生かせなかった。昨季ソフトバンクで対左のワンポイント起用も、左右を問わず勝ち継投1イニングを任せる意向の巨人にFA移籍。しかしこの日も右打者に連打を浴び、1死一、三塁のピンチを招き降板した。起用法の再考は必至だ。

 なお打撃不振の長野はこの日、4試合ぶりにスタメン復帰したが、5回の守備からベンチに退いた。詳細は不明だが、故障とみられる。久しぶりの先発のチャンスで、慣れない地方球場のグラウンドにワナが潜んでいたとすればやるせない。

 チャンスがピンチの顔をしてやってくるように、ピンチもまたチャンスの顔をしてやってくる。野球の神様の気まぐれは、春の天気のように極端でめまぐるしい。 (笹森倫)

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。