記事詳細

石原さとみ、元巨人「ミスター完投」斎藤雅樹氏仕込みのサイドを披露 「サントリードリームマッチ2021」始球式

 プロ野球のレジェンドOBが集結する夢の球宴「サントリードリームマッチ2021」が17日、東京ドームで行われ、女優の石原さとみ(34)が7回連続となる始球式を務めた。

 これまで村田兆治のマサカリ投法、野茂英雄のトルネード投法、山田久志のサブマリン投法、岡島秀樹のノールック投法と多彩なピッチングを披露。注目の今回は元巨人の「ミスター完投」、斎藤雅樹氏に直接指導を受けて代名詞のサイドスロー投法に挑戦した。コースを大きく外れる投球となり、「悔しかったです。練習はめちゃくちゃうまくいったんです」と振り返った。

 コロナ禍で昨年は中止されたが、25回目となる今回は無観客で開催。入国制限により、元阪神のランディ・バース氏は出場が見送りとなった。