記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】香妻琴乃 素振りのときも顔を上げない 振り幅イメージしてストロークすればボールの行方気にならなくなる (1/2ページ)

 改めて言うまでもなく、プロ、アマを問わずパッティングが入るかどうかというのは、スコアに大きく影響します。ツアーで戦うプロたちは、アマチュアゴルファー以上にそのことを実感しているので、パッティングの練習にはかなり長い時間を割きます。

 しかし、日々練習していても、必ずうまくいくとは限らないのがパッティングの難しさです。今日はうまくいっても次の日はダメ。そんなことの繰り返しです。

 ただし、うまくいかないときにはそれなりの理由があるもの。もしプレーをしていてうまくいかないときがあったら、その原因を早く見つけて、修正できるミスなら修正することも大事です。

 私の場合、思い通りにいかないときにまずチェックするのが、インパクトのとき、頭が上がっていないかどうかです(写真〔1〕~〔3〕)。

 そんな話をすると、「プロでもヘッドアップすることはあるの?」と突っ込まれそうですが、プロだって人間です。大事なパッティングで、「ここはどうしても入れたい」という気持ちが強くなると、ボールの行方が気になって、ついつい頭が上がってしまいます。

 このミスをなくすためには、「ヘッドアップをしないように意識する」ことと同時に大事なことがあります。それは、ターゲットに向かってフェースを合わせて構えたら、素振りのときから、振り幅をしっかりイメージしておくことです。そしてそのイメージを強く意識しながらストロークする。そうすれば、ボールの行方が自然と気にならなくなります。

関連ニュース