記事詳細

【まだ飛ばし足りねぇ!!】永原の第6条 頭を傾け、腕を伸ばす 飛ばしに特化したスイングのイメージは「ハンマー投げ」

 頭の重さは成人で体重のおよそ10%だそうです。体重60キロなら頭は6キロ。2リットルのペットボトル3本分だと思うと重いですよね。スイング中に重い部位である頭を効率よく動かすことで、ボールをより遠くへ飛ばせるようになります。

 バックスイングでクラブを高く振り上げ、大きなトップスイングを取ろうとすればするほど、頭が左足方向へ傾きます。ダウンスイングでは、逆に右に傾けないとクラブを振り下ろせません。結果、いわゆるギッタンバッコンのようなスイングになります。

 しかし、飛ばしに特化したドラコンスイングでは、むしろバックスイングで左に、ダウンスイングでは頭を右に傾けて振った方が飛ばせるのです。

 ハンマー投げ選手のリリースを思い浮かべてみてください。ハンマーから最も遠い位置にある体の部位は頭です。背骨を弓反りにし、投擲(とうてき)方向とは反対の方向へ頭を傾けてハンマーを投げることで遠くへ飛ばしています。

 ドラコンスイングもこれと同じで、頭を右に傾けてダウンスイングすることによって、両腕を伸ばした状態でクラブをリリースすることができ、大きな円弧のスイングが可能になります。フォロースルーのイメージとしては綱引きであり、極端なビハインド・ザ・ヘッドのフォームです。

 ◆イチ押しアイテム

 リンクス フレループ ショート

 オンプレーンスイングで振る感覚を養えるスイング練習器。オンプレーンでないとスイングがブレたり、グリップが手の中で回ってしまったりします。違和感なく振れれば正しいスイングの証しになります。室内でも使用できる長さ32インチ。ヘッドカラーは5色。

 ■永原総太朗(ながはら・そうたろう) 1982年5月8日生まれ、富山県出身。ゴルフ歴15年、ドラコン大会歴10年。2011年のL-1グリンプリで初の日本一に輝く。12、13年にはLDJ日本大会を連覇し、アメリカで行われた世界大会に出場。また、ブリヂストンゴルフアカデミー最優秀インストラクター賞を昨19年に受賞。自己最長飛距離425ヤード。身長189センチ、体重105キロ。ドラコンネームは「東海のロケットランチャー」。

関連ニュース