記事詳細

渋野日向子に中継スタッフがお菓子手渡し…「あり得ない行為」日本テレビに厳重注意

 ■国内女子ゴルフ「JLPGAツアー選手権リコー杯」最終日(29日、宮崎CC=6543ヤード、パー72)

 渋野日向子(22)は優勝した原から4打差の通算6アンダーで今季最高の3位で終えた。

 「ポジティブに考えられるようになってから、(1日につき)1、2打減ってきている。昨年より価値のある1年。苦しんだおかげで気づけたものもある」と前向き。12月10日から挑む今季海外メジャー4戦目、全米女子オープンに向けて明るい材料を手にした。

 一方でこの日は、思わぬ騒動にも巻き込まれた。日本テレビの中継スタッフがプレー中の渋野にお菓子を手渡したとして、日本女子プロゴルフ協会は同局に厳重注意を与えたと発表。競技規則には触れないが、特定選手を助けていると誤解されかねないこと、ウイルス感染対策に反していることなどから、「あり得ない行為」と断じた。

 日テレによると、同局が中継した前週にも同様の行為があったことが分かり、渋野にも謝罪したという。渋野はラウンド中にお菓子を食べることで有名だが、これでは“やらせ”ととらえられても仕方ない。こんな世間からずれた感覚が、テレビ離れを招いているのだろう。

関連ニュース