記事詳細

【勝者のワザ】テークバック初期に手首の角度を決めてしまう マスターズ優勝、ダスティン・ジョンソン (2/2ページ)

 この動きをつかむには、直立して左腕を「前に倣え」の要領で伸ばし、そこから左手のひらを自分の体に向けるように折ってくる。そして、小指、薬指、中指を手のひらに巻き込むように折り曲げるといいだろう。

 テークバック初期で、左手、手首をこうして使えば、右手は甲側に折れてジョンソンのような格好になり、右ヒジは右脇について腕、手首がロックされる。

 あとは、左腕をまっすぐ、高く上げていくだけでいい。腕に肩が引っ張られてターンしていくので、自分では真っすぐに上げているつもりでも、ヘッドはインサイドに上昇していく。ここまで、慣れるまでは2段階に分けて覚えるようにしよう。慣れてきたら、一連の動作にして、滑らかな動きでトップまで作ろう。

 ダウンスイングからボールを打ち抜くまでは、ロックされた腕、手首をほどかないようにするのが大切で、ここまで覚えたら、スイングは格段に安定する。

 ■Dustin Johnson 1984年6月22日生まれ。米サウスカロライナ州出身。コースタルカロライナ大卒。2007年プロ転向。圧倒的な飛距離を武器に、08年「ターニングストーン・リゾート」で初優勝。14年に“個人的な挑戦”を理由に休養。15年に復帰し、16年全米オープンでメジャー初勝利。米ツアー通算24勝。メジャー2勝目。内縁の妻のモデル、ポーリナ・グレツキーとの間に2男がいる。193センチ、86キロ。

関連ニュース