記事詳細

渋野日向子は気合十分「米国での悔しさは米国で晴らす」 全米女子プロ8日開幕

 女子ゴルフの今季メジャー第3戦、全米女子プロ選手権は8日、ペンシルベニア州アロニミンクGC(6577ヤード、パー70)で開幕。昨年の全英女子オープン覇者で今大会初出場の渋野日向子(21)が7日、オンライン会見を行い、「米国での悔しい思いは日本では消えない。米国での悔しさは、米国で晴らすしかない」と覚悟を語った。

 約2カ月に及んだ海外遠征。全6戦の締めくくりとなるが、ここまでトップ10はない。前週、3連続3パットするなど苦しめられたポアナ芝からベント芝になったが、「メジャーのセッティング。グリーンは予想以上の大きさとアンジュレーションで、また違う部分で苦労しそう。コースも長く、米国に来て一番難しい。厳しい戦いになると思う」と気を引き締めた。

 それでも米ツアーで戦って、今まで以上に「もっと米国で戦いたいと思うようになった」とも語った。日本勢は畑岡奈紗、野村敏京、河本結も参戦する。

関連ニュース