記事詳細

畑岡奈紗、4位で4勝目ならず…渋野日向子は27位「コアナにやられた」 米女子ゴルフ (1/2ページ)

 米女子ゴルフのショップライト・クラシックは4日、ニュージャージー州ギャロウェーのシービュー・ベイコース(パー71)で最終ラウンドが行われ、3打差の4位から出た畑岡奈紗(21)は6バーディー、4ボギーの69で回り、通算14アンダーで4位だった。目の前にぶらさがっていた米ツアー4勝目には惜しくも手が届かなかった。

 前半からショットが右に出ていたが、3番、6番、7番でバーディーを奪い、8番では6メートルのパーパットを決めてしのいだ。9番でもバーディーを奪って首位に2打差とした。

 しかし、後半に入るとごまかしがきかなくなった。10番、12番、14番でボギーを重ねてずるずると後退。10番では鼻血を出して平常心を保つのが難しくなった。

 それでも16番で、20メートル近いバーディーパットをねじこみ、パー5の18番もバーディーで締めて次週の全米女子プロにつなげた。

 「ショットのリズムが悪く、いい感覚がつかめないまま終わった。2アンダーだけど、気持ちは5オーバーぐらい打った感じ。オフの練習時より、調子は悪かった。それでも最終ホールで、いいショットが続いたので(次週は)いい成績を出したい」と畑岡。

関連ニュース