記事詳細

畑岡奈紗、1差3位発進 渋野日向子も22位タイの好位置 米女子ゴルフ (2/2ページ)

 ところが後半ショートパットに苦しんだ。8番でアプローチをオーバーして80センチのボギーパットも外してダブルボギー。一気に後退したが、最終9番で5メートルのバーディーパットを沈めて笑顔が戻った。

 「前半なんでこんなにいいのわからないほどいい流れだったが、後半は集中力がなかった。パッティングのグリップをクロスハンドから順手に戻したが練習からタッチが合っていなかった。風の中でショットは成長を感じた。オーバー(スイング)が気になっていたので試行錯誤してやっている。(大量発生している虫に刺され)かゆいです」

 トップは8アンダーのローレン・スティーブンソン(米国)とイ・ミヒャン(韓国)。

 

 ●第1日成績

 -8(1)L・スティーブンソン(米国)

   (1)イ・ミヒャン(韓国)

 -7(3)R・オトゥール(米国)

   (3)畑岡奈紗

 -6(5)J・ソング(米国)

 -5(6)A・ブハイ(南アフリカ)

 -3(22)渋野日向子

 -1(55)河本結

 ±0(71)上原彩子

 +2(93)野村敏京

 +4(109)山口すず夏