記事詳細

アニマル・ウォーリアーさん死去、60歳 圧倒的な強さで日本のプロレスファンに衝撃

 米国のプロレスラーで日本でも活躍した、「ロード・ウォーリアーズ」のアニマル・ウォーリアーさんが亡くなった。60歳だった。公式ツイッターが23日に公表した。

 1983年に幼馴染のホーク・ウォーリアーとコンビを結成。筋骨隆々のパワーを前面に押し出した戦いぶりは、顔にペイントを施し自身はモヒカン刈り、相棒は逆モヒカン刈りのスタイルとともに人気を博した。

 85年に全日本プロレスに参戦すると、巨漢レスラーを軽々と持ち上げ秒殺する圧倒的な強さで、日本のファンにも衝撃を与えた。90年からは新日本プロレスを主戦場としたが、2003年にホークさんが心臓発作で46歳の若さで亡くなった。