記事詳細

イクメンスイマー瀬戸大也に不倫スキャンダル炸裂!暴かれた“裏の顔” CA女性と昼下がりの情事 「週刊新潮」報道 (1/2ページ)

 来夏の東京五輪で競泳日本代表主将に内定している、瀬戸大也(26)に不倫スキャンダルが炸裂。2児を育てるイクメンスイマーの裏の顔が暴かれ、ANAなどのスポンサーが一斉消滅する可能性が出てきた。

 24日発売の週刊新潮は、瀬戸が9月中旬に都内の休憩4600円の古びたラブホテルで、客室乗務員の女性と滞在わずか1時間半の昼下がりの情事にふける模様を、複数の写真とともに詳報している。日本オリンピック委員会(JOC)・山下泰裕会長(63)は23日の定例会見で「JOC事務局で把握した。瀬戸君からは何の報告もない」と困惑しきり。JOCのマーケティグ活動に協力する東京五輪の顔で、15人しかいない「シンボルアスリート」の不祥事に顔をしかめた。

 瀬戸は事実上のプロスイマーだ。早大卒業後、ANAと2021年3月まで5年総額約5億円の所属契約。レース賞金やCM出演料なども含め、年間2億円近い収入がある。ANAは瀬戸の東京五輪での金メダルを応援するため、社員選手ではなく競技に没頭できる環境を用意してきただけに、同社広報部は「事実関係を確認中です」と言葉少な。コロナ禍で年間2550億円を目標とするコスト削減の最中でもあり、契約の見直しを求める声が強まりそうだ。

 元飛び込み選手の妻、馬淵優佳さん(25)とは味の素のCMで共演中。不倫ならイメージはぶちこわしだ。同社は「まずは事実確認に努め、今後の対応を協議していきます。現在結んでおります広告契約につきましても同様です」とした。