記事詳細

強風大荒れトリプルボギーも…渋野日向子、連覇の夢つなぐバーディー締め! 全英女子オープン (1/2ページ)

 米女子ゴルフの「AIG全英女子オープン」は20日、英トルーン・ロイヤルトルーンGC(6649ヤード、パー71)で第1ラウンドを無観客で行い、日本人初のメジャー連覇を目指す渋野日向子(27)は、3バーディー、5ボギー、1トリプルボギーの5オーバー、76で回り、首位と9打差の71位と出遅れた。リンクスの強風に苦戦し、ポットバンカーにつかまりトリプルボギーをたたいてスマイルも出なかった。それでも終盤はなんとか立て直して2日目以降に連覇の夢をつないだ。

 海沿いのリンクスは、好天だった練習ラウンドから一転、風速10メートルを超える強風が吹いた。緑のセーターを着た渋野は、強いアゲンストとなったアウトの出だしにつまづいた。

 1番は第2打を大きくショートし、グリーンをはずしてボギー。2番もティーショットがバンカーのふちに止まってアドレスを取れずレイアップせざるをえずに連続ボギーのスタートとなった。

 そして、4番のパー5でポットバンカーにつかまった。入れてはいけないことはわかっていたが、FWでの第2打が転がり込んだ。高さ1メートルのあごに接近した厳しい位置からの第3打は、壁にあたって脱出失敗。同じ場所に戻ったボールを打ち出そうとした第4打も再びあごに当たり、第5打でようやくフェアウエーへ。痛恨のトリプルボギーとなった。