記事詳細

【水沼貴史 オヤジのためのサッカー塾】ケニアから来た怪物! 柏FWオルンガ、出場7試合で8ゴール

 サッカー明治安田生命J1に、久々にとんでもない外国人FWが現れました。ケニア人初のJリーガー、柏FWオルンガ(26)です。

 身体能力がとにかくすごい。出場7試合で8ゴールですよ。26日の第7節仙台戦で記録したハットトリックは全ゴールが圧巻。相手チームが何かしらの対策を講じなければ、ぶっちぎりの得点王になりそうですね。

 オルンガ相手に1対1の守備は正直、やられてしまう可能性が高い。特にゴール前で「せ~のっ!」とジャンプして競り合っても、まずかなわないでしょう。この試合の1点目がまさにそうでした。前半40分、右サイドから上がったクロスに合わせ、フリーのジャンプヘッドでたたき込みました。ほれぼれしちゃう高さとパワーでしたね。

 では、どうすれば抑えられるのか。方法はあります。いま柏の選手たちは、オルンガにボールを渡せば必ずなんとかしてくれると思っています。特にMF江坂とのコンビはあうんの呼吸。オルンガも江坂の動きに目を配りつつ、パスやクロスを待っています。このホットラインを確実に断つことですね。彼の決定力を宝の持ち腐れにすることに尽きます。

 FWはボールがこなければどうするか。ほぼ全員がボールを奪いにくる。要するに守備をすることになります。これまでのオルンガの動きを見る限り、そうしたそぶりは一切ない。ということは守備はうまくない、もしくはしたくないと分析できます。

 日本の選手なら、オルンガ封じは必ずできるはず。日本代表が強豪国と対戦すれば、オルンガと同クラスのFWは山ほどいます。彼らにシュートを打たせない対策は、世界で勝つためには避けて通れない道です。これから各チームがオルンガをいかにして封じるか、毎試合見ものですよ。(元J1横浜監督・水沼貴史)

関連ニュース