記事詳細

【勝者のワザ】渋野日向子流「トップの作り方」 下半身を先行させる (2/2ページ)

 さてトップスイングである。コッキングが完了したところがトップで、そこまでのスピードが速いほど、クラブヘッドは倒れこもうとするから右手はヒンジ(甲側に折れる)、左手は掌屈(手の平側に折れる)という格好になる。

 そこからは、また下半身が先行して、上半身、腕、クラブをアドレス位置に引っ張ろうとする。この切り返しで、シャフトがしなり、その先のインパクトに向かってしなり戻そうとする。

 スイングでは、反動や、シャフトのしなりをいかにタイミングよく活用するかが問われているといってもいい。

関連ニュース