記事詳細

「福島No.1」美人アナ・野尻英恵 聖火ランナーは「気持ち切り替えて準備」 (1/2ページ)

 東京五輪が1年程度延期されることを受けて、26日のスタートが目前だった聖火リレーも一旦中止に。2日目の27日に福島県会津若松市で走者を務めることが決まっていた福島中央テレビ(日本テレビ系)の野尻英恵アナウンサー(29)は「中途半端な状況でやるよりも正直、ホッとした」と心境を明かした。

 昨夏、個人的に応募し、クリスマスイブに当選の知らせが届いたという。先週、自ら走る区間を個人的に下見をしたばかりだったがここ数日、延期や中止などの情報が一気に流れた。

 同局の情報番組「ゴジてれChu!」のキャスターとして、これらを報道する立場である一方、個人的には「翻弄、落胆もしました。だけど、世界情勢を見た場合、延期はベターかなと思う」とうなずいた。

 五輪組織委員会は延期日時が確定後にリレーを再開させる予定で、走者についても「本人の意思を尊重したい」(武藤事務総長)。これには「時間はかかるけど聖火リレー走者への特別な思い、準備が報われるのはありがたい。気持ちを切り替えたい」と前を向いた。

関連ニュース