記事詳細

【Road to TOKYO2020】スペシャルインタビュー・上野由岐子 渋野日向子が憧れる“長くプレーできる”秘訣は「楽しむこと」 (2/2ページ)

 「若さあふれる選手。一方で、彼女の場合は個人競技でもあるので(メンタルの)強さを感じた。とてもいい刺激をもらいました。彼女がソフトボールについて発信してくれたことで、世間が目を向けてもらえるきっかけになったことは、うれしかったですね」

 --渋野プロは、上野選手について『息の長い選手として尊敬する』と話していた。その秘訣(ひけつ)は

 「“楽しむ”ことじゃないですか。心の満足感だと思います。私の年齢になれば、結果ではないので。どれだけ楽しくソフトボールをやれているか。それが心を満たしてくれるし、ひいては充実した毎日を過ごせれば、引退なんて考えないと思います」

 --自身のサインボールには「“精神力”と“成信力”」を記した

 「気持ちがすべてだと思っています。以前から、使っていた言葉ではありますね。(成功することを信じるという)それがないと、精神力も強くならないと思うので」

関連ニュース