記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】ランニングアプローチに最適なクラブは? 最もミスが出にくいUTを

 どんな状況においてもアプローチでは、まずランニングができるかどうかを考えるのはミスヒットを防ぐための鉄則ですが、そのランニングを行うときの番手は何が最適なのでしょうか。

 一般ゴルファーのランニングは、ショートアイアンでボールを右足の前あたりに置いてフェースをかぶせ、ロフトを立てて上からコツンと打つという方法のようです。でも、実際のプレーでは、派手なザックリやトップなどのミスをしているのをよく見かけます。

 実際このような意識では、バンス角があるソールをうまく利用できておらず、リーディングエッジが突き刺さるだけなので大きなミスが出てしまうのです。また、うまく当たったとしてもクラブの入射角やミート率によって球筋がばらけてしまうために、自分がイメージした距離感通りにボールは飛んでくれません。

 ランニングにおいて最も大事な基本は、クラブなりの正規のロフトでスクエアにボールをとらえて打つということです。

 この基本を満たすために、例えば、青木功選手は6番アイアンを短く持ってライ角とバンス角を地面に合わせてボールをやさしくとらえるランニングを得意としていますし、タイガー・ウッズ選手はしばしばFWを使って欧米の粘っこい洋芝に対してソールの抜けを良くし、芝の抵抗に強いスピン量の少ないランニングを実践しています。

 では、昨今のクラブセットの中で一般ゴルファーにとってのランニングに最適な1本とは?

 少ないスピン量で距離感に乱れがなく、ラウンドソールでどんなライや傾斜でもミスヒットを防げるクラブ。それはロフトが多めのUTで、ランニングに最適といえるでしょう。

関連ニュース