記事詳細

【最先端アマチュアスイング】「フェースを返さないで飛ばすスイング」 トップではクラブを立てる (1/2ページ)

 バックスイングでできるだけフェースの開きを抑えるためには、アドレス時から両肘にゆとりを持たせ、手元が体から離れないようにクラブを上げていくことが大事です。

 そしてその後、クラブが上に移動していくに従って、当然、前傾姿勢の懐の中から腕がはみ出るわけですが、このときもできるだけ腕にクラブの重みが掛からないようにすることが「フェースの開閉を抑えるため」のポイントになります。

 そこでやってほしいのが、テークバックで腰から上に手元が上がる前あたりからクラブを立てるように使うことを意識することです。一度やってもらえれば分かると思うのですが、クラブを立てることによって腕に負担を感じることなく、クラブを振り上げることができるからです。

 この「クラブをタテに使う」という動きは、ほとんどの人が意識をしたことがないと思うので、どうすればいいか分からないという人も多いでしょうが、「手首を折る」と同時に「肘を畳む」という意識があればわりと簡単にできます。

 それと、このときに注意してほしいのが、上体だけをねじるような動きをしないことです。

関連ニュース